心臓病の症状と治療
お問い合わせリンク心臓病の症状と治療

不整脈

心臓は全身に血液を送り込むため、休み無く動き続けています。心臓が刻むリズムである心拍数は基本的に一定の速度を保つように行なわれています。しかし、何かの拍子に心拍数に乱れが生じることがあります。ここでは、不整脈の原因や症状などの情報を紹介していきます。

不整脈とは

不整脈は一定感覚で行なわれている心臓の拍動が、何らかの原因によってリズムに乱れが生じる病気のことです。私たちが普段計っている脈拍は、動脈が心臓の拍動によって送り出された血液の流れによって起こるもので、厳密には心拍数そのものではありません。

分類

人間の心臓は一日当たり平均で約10万回、一時間当たりでは約4160回、一分間当たりでは約70回拍動しています。この平均値を基準にして、不整脈の症状を分類しています。

徐脈性不整脈

徐脈性不整脈は、一分間あたりの心拍数が50回以下まで下回る症状を見せる不整脈が分類されます。血流量が減少するため、貧血を起こしやすくなります。

頻脈性不整脈

頻脈性不整脈では、一分間当たりの心拍数が100回を大きく上回ります。人間の血液量は一定なので拍動する回数が多くなると、一回の拍動で送り出される血液量が少なくなり血圧の低下を招きます。

期外収縮

期外収縮は、いわゆる「脈飛び」を伴う不整脈です。平均的な心拍数を考えれば、一秒間に一回はかならず心臓が拍動していることになりますが、期外収縮では急に一秒飛んで2秒後に拍動するといったリズムの乱れを伴います。期外収縮の場合、症状が健康な人にも見られることがあるため逼迫した疾患ではないといえますが、発作が連続して起こる場合は危険といえます。

症状

不整脈で現れる症状は、不整脈の種類によって異なります。徐脈性不整脈では、貧血やめまい、ふらつきなどの症状が現れます。頻脈性不整脈では動悸や血圧の低下による息苦しさなどが起こります。期外収縮ではめまいや動悸などを伴います。

原因

基本的に、不整脈は老化現象によって起こる疾患であるといえます。若年層よりも高齢層に患者が多く見られるのもその証左といえます。しかし、心臓の疾患を原因として起こる不整脈もあるため予断は許されません。また、頻脈性不整脈の原因となっているのは心臓の動きに関わる電流に過電流を起こす部位があるためであるという研究結果もあります。

不整脈の治療法

不整脈の治療に当たっては、検査による症状の特定が重要になってきます。特に、長時間の心拍数の記録が出来るホルター心電図による検査は、日中に発作が起こりにくい不整脈を発見するのに効果を発揮します。

内科治療

不整脈の内科治療では、抗不整脈薬という心拍数を正常化する働きのある薬を中心に行なわれます。ただし、抗不整脈薬での治療は症状を悪化させたり別の不整脈を誘発したりする場合があり、慎重を要する治療法であるといえます。

外科治療

不整脈の外科治療では、ペースメーカーの埋め込み手術などが行なわれます。最近では、心臓の過電流になっている部位を体内に挿入したカテーテルで焼き切って正常化する「カテーテル・アブレーション法」が行なわれています。この方法は、心臓の電位を測って映像化する技術が確立したことで実現した、新しい不整脈の治療法といえます。

心臓
<a href="http://eshinzo.com/" target="_blank"><img src="http://eshinzo.com/img/banner.gif" alt="心臓" width="88" height="31" border="0"></a>

心臓病の症状と治療

<a href="http://eshinzo.com/" target="_blank">心臓病の症状と治療</a>

広告掲載