心臓病の症状と治療
お問い合わせリンク心臓病の症状と治療

狭心症

狭心症は、心臓疾患の中でも軽度の病気に分類できる病気ですが放置しておくと心筋梗塞を引き起こす恐れがある、重大な病気であるとも言えます。狭心症は、現在も多くの人が悩まされている心臓病なのです。ここでは、狭心症の原因や症状、治療法などについて解説していきます。

狭心症とは

狭心症は、一種の「貧血によって起こる病気」であるといえます。通常の貧血が脳に送られる血液の量が減少することで起こるのに対して、狭心症は心臓に送られる血液の量が減少することで起こる病気なのです。

原因

狭心症の主な原因となるのは、心臓に血液を送り込んでいる冠動脈の狭窄です。コレステロールや血栓などの原因で血管が狭くなって血流量が減少することで、心臓が貧血状態になり狭心症の発作を起こします。激しい運動の後で、狭心症と同じような発作が起こる場合がありますが、これは全身への血流が盛んになったことで心臓への血流量が低下して起こるものです。

症状と分類

狭心症の症状として「心臓を中心とした痛み」があげられます。狭心症は、症状の出方や発作の起こり方などで分類されます。

労作性狭心症

労作性狭心症は、運動の後に発作が起こる狭心症です。発作が起こるタイミングは運動の種類や量に左右されます。

安静性狭心症

安静性狭心症は、寝ている時などの安静な状態にあるときに発作が起こります。本来、安静にしている状態のときは冠動脈の血流量は最も低くなるため、原因は冠動脈の痙攣によるものと考えられています。

安定性狭心症

安定性狭心症は、発作がある程度周期的に起こる狭心症です。症状は比較的軽度で、痛みの起こる場所も特定の部位に限定されるのが特徴です。

不安定性狭心症

不安定狭心症は、発作の起こり方や痛みの出る場所などが一定しないのが特徴です。症状も軽くなったかと思えば突然悪化するなどの激しいものです。

無症候性心筋虚血

無症候性心筋虚血は、症状が発生しないまま病状が進行する病気で狭心症に非常に良く似た症状を示します。自覚症状となる痛みを伴わないため発見が難しく、運動の後で心臓の痛みを感じた場合、無症候性心筋虚血を疑う必要があります。

狭心症の治療

狭心症の治療では、種類と進度に合わせて内科治療または外科治療が行われます。基本的には、原因となっている狭窄を起こしている血管の拡張を目的とした治療が行われます。

内科治療

狭心症の内科治療では、血管狭窄の原因となっている血栓を取り除く効果のある血栓溶解剤やアスピリンや、血管を拡張させる働きのあるニトログリセリンや硝酸イソソルビドなどが症状に応じて処方されます。

外科治療

狭心症の外科治療では「大動脈バルーンパンピング法」と「冠動脈バイパス術」の二つの方法が盛んに行なわれています。大動脈バルーンパンピング法は、足の付け根の大動脈から管を通し、患部となる狭窄した冠動脈に血栓溶解剤を送り込み、バルーンを膨らませて血管を確保し補強材となるステントを留置する方法です。冠動脈バイパス術は、詰まってしまった冠動脈を迂回する形で血管を設置して血流を確保する方法です。どちらも劇的な症状の改善が見られる、優れた治療法といえます。

狭心症の予防法

狭心症を予防するためには、生活面での摂生が大事になります。塩分や脂肪の摂り過ぎを避けて適度な運動を行うだけでなく、ストレスを溜めすぎないような生活を心がけることが狭心症の原因となる動脈硬化を予防するコツです。

心臓
<a href="http://eshinzo.com/" target="_blank"><img src="http://eshinzo.com/img/banner.gif" alt="心臓" width="88" height="31" border="0"></a>

心臓病の症状と治療

<a href="http://eshinzo.com/" target="_blank">心臓病の症状と治療</a>

広告掲載