心臓病の症状と治療
お問い合わせリンク心臓病の症状と治療

心筋梗塞

心臓は体内で休み無く動き続ける唯一の臓器で、一日に約10万回の拍動を行い全身に血液を行き渡らせる高性能のポンプです。しかし、そんな心臓の働きに大きく影響を与えるのが心筋梗塞です。ここでは心筋梗塞が起こる原因、心筋梗塞がもたらす症状などを解説していきます。

心筋梗塞とは

心臓は、「心筋」と呼ばれる特殊な筋肉によって形作られている臓器です。基本的に、筋肉は酷使すると繊維が損傷して筋肉痛を発生させますが、心筋は一日に約10万回というハードな運動をこなしていても筋肉痛を起こさない性質を持っています。

原因

心臓を構成している心筋は、「疲労しない」という非常に優れた性質をもっていますがその性質は心臓に栄養を送り込む冠動脈によって支えられています。この冠動脈にコレステロールや血栓が蓄積されて動脈が狭窄を起こすと、心臓に送られる栄養が減少して心筋の組織が弱っていきます。これが心筋梗塞を起こす原因となります。心筋梗塞を起こす原因は、狭心症と同様であることから心筋梗塞と狭心症をあわせて「虚血性心臓疾患」といいます。

症状

心筋梗塞の主な症状としては、「胸部を中心とした痛み」です。衰えた心筋が運動を行うことで痛みが発生するのです。また、息切れや疲労感などの心機能の低下に伴う体力の低下が見られるようになります。このような発作は15分程度で収まることが多いのですが、病状が悪化すると30分以上発作が続くようになり、心不全を引き起こす可能性が高くなります。糖尿病から合併して発症すると、胸痛が出にくくなって見逃されやすくなるという特徴があります。

心筋の変化

心筋梗塞で機能が低下した心筋はやがて、筋肉から「瘢痕組織」と呼ばれる組織に変化していきます。瘢痕組織は筋肉ではないので収縮機能が失われ、心機能の低下を招きます。瘢痕組織が心臓の半分以上に達すると心臓が機能しにくくなり、重篤な障害や心不全を起こすことになります。

心筋梗塞の治療

心筋梗塞は、早期に治療できれば心機能の低下を最小限に食い止めることが可能な病気です。出来れば前段階にあたる狭心症の時点で根治治療するのが理想ですが、心筋梗塞を起こした場合、発症6時間以内に治療を行なうのが鉄則となっています。

治療法

心筋梗塞の治療法は、原因となる冠動脈の狭窄を緩和することが前提となります。もっとも盛んに行なわれる心筋梗塞の治療には、「大動脈バルーンパンピング法」があります。太腿の大動脈からカテーテルという細い管を挿入し、患部の冠動脈に血栓溶解剤の投与を行い先端のバルーンを膨らませて冠動脈を拡張し、ステントという拡張した血管を支える金属製の骨組みを留置して、狭窄の再発を防ぐという方法です。この治療法での心筋梗塞の再発率は、技術の進歩によって年々低下を続けています。

心筋梗塞の予防

心筋梗塞や狭心症は、生活習慣病でもある動脈硬化や狭窄が主な原因になります。つまり、生活習慣病の予防は虚血性心臓疾患の予防にも繋がるということです。基本的には適度な運動や食事のバランスの見直しによるコレステロール対策が重要になります。適度な運動は、脂肪分の消費によって高脂血症のリスクを軽減し、悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変換する効果が期待できます。

心臓
<a href="http://eshinzo.com/" target="_blank"><img src="http://eshinzo.com/img/banner.gif" alt="心臓" width="88" height="31" border="0"></a>

心臓病の症状と治療

<a href="http://eshinzo.com/" target="_blank">心臓病の症状と治療</a>

広告掲載